仕事と家庭の両立~良い暮らしは高収入から~

仕事と家庭の両立を目指す男のブログ!家庭円満の秘訣は高収入です。稼ぎが良ければ大抵のことは許してくれる!転職経験多めの筆者が年収を上げる転職のポイントから、家庭内での振る舞いなど綴るブログです。

生え際が後退したような…

time 2017/08/22

生え際が後退したような…

30代の男です。現在、妻と生後半年の男の子の3人暮らしです。最近の悩みの種の一つとなっているのが自分の髪についてです。

生え際の後退

少しずつ生え際が後退しているような気がしてきています。私の親戚は、母側の叔父と私の兄(二人のうちの一人)だけが薄毛で、他はみんな髪が豊かで私も今までは悩むことはなく大丈夫だろうと思っていました。

私の兄は二十歳過ぎごろから生え際が後退して来ていたのに、私は20代後半になっても大丈夫だったので兄弟でも似ていないことはあるものだな、という程度にしか考えていませんでした。

しかし、妻とともに育児を行う生活を始めてから、夫婦ともにおむつの交換やお風呂や寝かしつけることの他に節約しなければならない、なかなか気分転換ができないといったことなどが一気に重なったことにより、これまでにないほどのストレスが溜まっていると実感しています。

時には、妻に対してもいらだった声をあげてしまったり、外で壁を叩きたくなってしまうこともしばしばありました。そして、落ち着いた後には、いけない、自分は夫でありお父さんなんだから、と考える日々が続いています。

ストレスによる薄毛

そういった生活を続けて3,4か月ほどした頃に、洗髪の際に毛が多く落ちている、寝起きの際に枕に髪の毛が数本落ちている、といったことが珍しくなくなりました。

そして、ある日、鏡で自身のおでこを見てみると、薄毛になり始めているような箇所があり、そのあたりがM字のような形になっていました。さらにそこから頭頂部までの部分も側頭部に比べると、頭皮がやや見えやすくなっているような状態でした。

これまでは、薄毛には何の心配もしていなかった私ですが、仕事と家事に育児を重ねた不規則な生活のストレスにより、いきなり他人ごとではなくなってきたと感じています。そういえば、私の兄も介護の仕事を始めて不規則なローテーションに加えて夜勤なども行い始めたことでさらにストレスが重なり、生え際がさらに後退していったと言っていたことがありました。

発毛のアドバイザー

ただし、その後、兄は発毛のアドバイザーに相談に乗ってもらい、生活習慣などを見直して自己管理などを意識的に行い始めたことにより、まずは抜け毛については落ち着いたと聞きました。

私は、現在は発毛のアドバイザー等に相談に乗ってもらう余裕はありませんが、自分なりにストレスの解消、妻との適度な協力、意地を張らずに私や妻の実家にも協力してもらう等を考えようと思います。

生え際が後退してきたことを、自分たちの生活、何よりも子どものこれからのためを見つめなおすきっかけとしてプラスに活かしたいです。

プロフィール



東京都在住!
家庭と仕事を両立できるように頑張るそろそろ中年の男です!
充実した、素敵な生活を目指し収入UPするための方法を常に模索しています。
日々の仕事でのストレスを感じながら、同じ境遇の男性たちに向けてブログ奮闘中!!

アーカイブ

カテゴリー