仕事と家庭の両立~良い暮らしは高収入から~

仕事と家庭の両立を目指す男のブログ!家庭円満の秘訣は高収入です。稼ぎが良ければ大抵のことは許してくれる!転職経験多めの筆者が年収を上げる転職のポイントから、家庭内での振る舞いなど綴るブログです。

シャワーばかりで湯船入ってないな

time 2017/09/03

シャワーばかりで湯船入ってないな

気づいたら一ヶ月ぐらい湯船にはいっていないで、シャワーで済ませています。
汚れを落とすだけであればそれで十分ですし、ゆっくり湯船に浸かっている暇もないので、仕方ない部分はあるのですがやはりゆっくり浸かりたいという気持ちはあります。
汚れはお湯を流せば落ちますが、疲れに関してはどうしてもシャワーじゃ落ちませんから、たまにはゆっくりとお風呂に入りたいところですよね。

ゆっくりと湯船につかれない

しかし、せっかくお風呂を入れたとしてもゆっくりと浸かることができなければ、結局疲れは取れませんしお湯を無駄にしてしまうだけなので、それだったら別に入らなくても良いかなという気がします。
子どもは生まれたてですから、子ども用のお風呂にいれることはあっても大人と一緒に入ることはありませんし、妻も子供の面倒を見なければいけませんから、ゆっくりと湯船に浸かっている暇もないのでシャワーで済ませています。

自分一人の為にお湯ははれない

自分ひとりのためにお湯を張るというのも経済的ではありませんから、そのようなことをしてたらまるまる一ヶ月はゆっくりと疲れを癒やしている暇もなかったということに気が付きました。
独身の頃だったらお湯を張るのが面倒なので、汗を流して終わりでそれで気にしていなかったのですが、いまだとゆっくりできる時間がほしいと思ってしまいます。
これぐらいいつでもできそうなことなのですが、実際に家に帰ってきてお湯を張って沸くのを待とうとすると待っているのが嫌になってしまって、それだったらさっさと汗を流して横になってしまおうと考えてしまいます。

ゆっくりと湯船につかることのできない現代

週末であればのんびり入ることができると思うかもしれませんが、週末は週末で子どもの面倒を見たり仕事でできなかったことを色々したりして時間がないので、時間がかかることは後回しということでやはりお湯を張る時間すら惜しんでシャワーで済ませています。
結局、ゆっくり浸かりたいと思っていても自分からそれを避けているようなところもあって、何をしているのだかという気になってしまいます。
一日が25時間あれば浮いた1時間を入浴に費やすのもいいかなと考えたりするのですが、そうなったらなったで日常生活も25時間に合わせたものになるので変わらないのでしょうね。
現代人は忙しいといいますが、ゆっくりと湯船にはいる暇もないというのはどうなのだろうかと思ってしまいます。
何でもできる便利な時代にも関わらず、湯船に浸かることができない現代というのはなんだか不思議な時代ですね。

プロフィール



東京都在住!
家庭と仕事を両立できるように頑張るそろそろ中年の男です!
充実した、素敵な生活を目指し収入UPするための方法を常に模索しています。
日々の仕事でのストレスを感じながら、同じ境遇の男性たちに向けてブログ奮闘中!!

アーカイブ

カテゴリー